無職1ヶ月目の感想

水曜日の昼日中から、銀座の美容院ミンクスでパーマをかけているわたくし、無職(又の名を主婦)のゆりこでございます。ごきげんよう

 

パーマの途中って、スターウォーズの新種族みたいな髪型にされない?

 

パーマの待ち時間に暇なので、会社辞めてプラプラして1ヶ月たった時点感想をまとめてみようと思います。

 

一言で言うとさ、

主婦めっちゃ幸せ!!です。

これに尽きる。

 

この1ヶ月ですね、家のことは掃除洗濯炊事の家事と呼ばれるものは大体私がやってました。

朝起きて、朝ごはん食べて旦那さんを見送って、洗濯して掃除してお昼ご飯作って、テレビ見て、晩御飯の準備して、旦那さん帰ってきて、一緒に晩御飯食べて寝る。

の、繰り返しです。基本的に。

 

1ヶ月もすれば飽きると思っていたのに、社会に復帰したくなると思っていたのに、そんな事全然なくて、毎日幸せだなぁと思っていて、仕事してた時には考えられなかったくらい気持ちが落ち着いています。

 

なんか、家のことをきちんとできることで、働いていた時よりも、『ちゃんと生きている』感じがしています。

 

嘘みたいに肌荒れも治ったし、旦那さんに対してイライラすることも少なくなりました。

 

働いてるときはさ、深夜に帰ってたら、私より何時間も前に帰宅した旦那が、洗濯もしてない、ゴミも捨ててない、皿も洗ってない、みたいな小さいことにストレスを毎日重ね続けてたわけです。
せめて一つはやってくれと、テレビゲームする時間あるならせめて洗濯機回してくれと。 

 

そう言うの、今皆無です(全部私がやってるから)

 

私は思っていたよりも、家にいるのが好きで、一人でいるのも苦痛じゃなかったことにちょっと驚きました。

 

かつ、旦那さんが私の家事レベルや料理にほぼ文句を言わないので(じぶんが率先してやらない代わりに文句も言わないところは本当に偉いと思うの)それもありがたいなと。

 

おいしいランチのお店にいくのを一日の楽しみにしていた私が外食にそこまで興味がなくなり、家で自分で自炊するのも楽しいし美味しいし健康的、とか言うようになりました。

 

外注していたとこを自分でやると、お金をあんまり使わなくても、意外と生活できるし、それも結構楽しいことがわかったのは、大きな発見でした。  

 

ただ、じゃあこのまま専業主婦すれば?となると、それは話は違うと思っていて。

 

なぜなら、現在私収入0なので、貯金残高は減る一方なんだよ。仕事辞めて、他に収入ないから当たり前なんだけど笑(失業保険もまだおりない) 

 

さすがに0はマズイとおもいはじめたよ笑

 

今も生活費は完全折半および、旦那の扶養控除には一切入らず、自分で住民税、健康保険、年金を払ってるので、毎月結構衝撃的な額が一日本国民である私の納税の義務として課せられているよ。(前年の年収の関係等で扶養になれなかったのよね)

 

今日のおしゃれ美容院のパーマ代も、もちろん私の貯金からでているわけです。

 

それでやっぱり、自分が生きて行くのに必要なお金は、自分で稼ぎたいなと、思う次第なのです。

 

それと、むしろそれより危惧しているのが、会話の質の低下(笑)

 

家にばっかりいると、明らかに外向けのコミュニケーション能力下がる気がするのです。


最近旦那さんとしか話してないのよね。(店員さんとか除くと)

 

そのせいで、面白いネタがあんまりなくて、会話の質の低下が結構一大事なんです!笑

 

なので、次の職場は面白い話ができそうなとこ、という条件を加えたいと思います。

 

会社員を辞めて1ヶ月は何にも追いかけられず、こころ穏やかな日々でした。

 

この心の余裕は、大切にしたいと思いました。